バイアグラ

MENU

バイアグラ基礎情報記事一覧

バイアグラの歴史

バイアグラは、世界で最初の内服するだけでEDを治療できる薬であることは多くの人が知っていることだと思います。このバイアグラですが、誕生するきっかけは、偶然の産物であったといわれています。つまり、バイアグラは当初はED治療薬として開発が進められていたものではないのです。バイアグラは、最初は狭心症の薬と...

≫続きを読む

バイアグラのよくある質問(疑問)

バイアグラを服用するにあたり、よくある質問をまとめてみました。バイアグラ毎日服用する必要がありますか?毎日服用する必要はありません。必ず性行為の約1時間前〜30分前に服用して下さい。バイアグラを続けて服用しても大丈夫ですか?バイアグラを処方された量以上に服用することにより、それ以上の効果は期待するこ...

≫続きを読む

バイアグラと硝酸薬『ニトロ』の併用は危険!

勃起に満足いかない場合や、勃起しなくなってしまった人に処方されるバイアグラ。バイアグラは商品名であり、成分名はクエン酸シルデナフィルと言います。このクエン酸シルデナフィル、ある成分を含んだ薬と併用すると恐ろしい症状を引き起こしてしまうのです。場合によっては命の危険もあります。その薬とは硝酸薬です。硝...

≫続きを読む

バイアグラの効果のメカニズム 【作用機序】

心労や、仕事の疲れなどで気持ちとは反して陰茎が勃起してくれない。そんな悩みを抱えている男性、実は多いんです。一説では、日本人の4人に1人が程度の差はあれどEDであると言われています。そんなEDを解決するための薬が「バイアグラ」。しかし、いったいどのような効果があるのか。どうして勃起力が上がるのか。疑...

≫続きを読む

バイアグラの望ましい服用方法

性行為中、気持ちは十分興奮しているのに十分に勃起しない。勃起してもすぐに萎えてしまう。そんなお悩みをお持ちのみなさん、バイアグラを試してみよう、と考えたことはありませんか?バイアグラは勃起不全いわゆるEDを治療する薬として有名ですが、あくまでも薬ですので、医師の正しい診療を経て処方してもらう必要があ...

≫続きを読む

バイアグラの副作用

勃起不全=EDに効果があるというバイアグラですが、薬である以上は副作用の危険性も当然伴います。ここで、バイアグラを飲むとどのような副作用が出るのか、それはいったい危険なものなのかどうか、を解明していきます。バイアグラは医師の診察のもとに処方される法的に認可されている薬です。しかし、勃起不全を治すとい...

≫続きを読む

バイアグラが効かない

勃起不全いわゆるEDを解消するのに役立つ薬として有名なバイアグラですが、なかには満足に効果が期待できなかった、という方もいらっしゃいます。なぜでしょうか?正しく服用しましたか?まず原因として考えられるのは、正しい服用法をしなかったこと。バイアグラは空腹時に服用しなければ、効果が薄くなってしまうことを...

≫続きを読む

バイアグラで若返り

バイアグラはただ単にEDを改善するだけの薬ではありません。最新の研究によると、継続して飲み続けることでなんと若返りに効果があるというのです。バイアグラを服用するとおよそ4時間程度、体中の血管を広げて血流を良くする効果があります。これを長期間継続していくことで硬くなった血管が徐々に柔軟性を取り戻し、や...

≫続きを読む

バイアグラが使用できない場合 【処方禁忌】

バイアグラは、EDの治療に効果的な薬ですが、処方禁忌というものがあります。併用することができない薬を使用している人既往症との関係で処方できない人これらに当てはまる人はバイアグラを使用することが出来ません。これらの処方禁忌を守らずに服用すると、重篤な副作用が生じることもあり、非常に危険です。個人輸入な...

≫続きを読む

レビトラやシアリスといったED治療薬もあります

最初のED治療薬はバイアグラですが、2番目がレビトラ、3番目がシアリスです。いずれもすでに日本でも承認済みの薬で、病院で処方してもらうことができます。レビトラレビトラは、バイアグラの難点であった、薬が効き始めるまでの時間の長さと、食事の影響の受けやすさを改善した薬です。また、効果が持続する時間もバイ...

≫続きを読む

バイアグラは女性が使用してはいけません

男性器の勃起を促す作用があることで知られているバイアグラ。女性にも効果が現れるのでしょうか。端的な結論を述べてしまえば、直接的な効果はありません。それはなぜなら、バイアグラに含まれる成分の主な効能は、男性の持つ勃起力を抑制する分泌物を破壊する、というものだからです。そもそも男性器のない女性には効果は...

≫続きを読む

バイアグラは健康保険が効かない

EDと呼ばれる勃起不全を改善するための薬として有名なバイアグラですが、この薬が保険適用外であることはご存知でしょうか。一般的な風邪などの診察の際に、国民の加入がすすめられている健康保険または社会保険が適用されます。そのため、患者が支払う治療費や薬への負担額は実際の医療費の3割となっています。しかし、...

≫続きを読む

バイアグラとレビトラ

勃起不全の薬にはバイアグラのの他にレビトラとシアリスがあります。この3つのED治療薬はそれぞれ別の成分が使われているため効果の現れ方にも違いがあります。ここではレトビラの特徴についてご紹介します。レトビラは有効成分を塩酸バルデナフィルといい、バイアグラ同様医療機関での処方が受けられる薬です。レトビラ...

≫続きを読む

バイアグラとシアリス

性行為中の勃起力に満足のいかない人のための薬として有名なバイアグラですが、実はバイアグラの他にもED治療薬はあります。それが、レビトラとシアリスという薬です。バイアグラと合わせて、この3つのED治療薬はただ名前が異なるだけではなく、成分や効果の現れ方にも違いがあります。ここではシアリスの特徴について...

≫続きを読む

バイアグラの短所(デメリット)

EDと呼ばれる勃起不全や勃起力の衰えに効果があるとされるバイアグラですが、バイアグラならではの短所もあります。それは薬の副作用としての短所です。副作用バイアグラはその即効性と薬の効果の確実性が売りですが、それには秘密があります。バイアグラの即効性は、裏を返せばそれだけ体内での分解や吸収が早く、有効成...

≫続きを読む

バイアグラの使用期限、保管方法について

病院で処方される薬は、普通は「○日分」という形で渡されますから、基本的には手元に何ヶ月も何年も置かれていることを想定していません。病院でもらった薬の使用期限や保管方法について意識したことがある人はあまりいないと思いますが、そもそも長期保存することが想定されていないのです。これに対して、バイアグラは、...

≫続きを読む

バイアグラは狭心症の薬だった | 偶然に生まれた夢の薬

バイアグラの開発は、偶然の発見から始まったといわれています。バイアグラは、アメリカのファイザーという製薬会社が開発した薬ですが、開発当初は、狭心症の薬として開発が進められていたものでした。《狭心症》狭心症というのは、冠動脈が狭窄して、心臓を動かす血液が不足する「心筋虚血」になることで、胸痛や胸の圧迫...

≫続きを読む

バイアグラとアルコールの影響

バイアグラは、食事の影響を受けますが、アルコールについては、バイアグラの吸収を妨げることは、基本的にはありません。むしろ、少量のアルコールは、精神をリラックさせる効果があるので、心因性のEDの方にとっては、いい影響がある場合もあります。もっとも、アルコールには、大脳の機能を抑制する働きがあり、多量の...

≫続きを読む

バイアグラと耐性

バイアグラを服用するにあたっての心配事の一つに、『バイアグラを継続的に服用していると、効かなくなるのではないか』というものがあります。薬を反復して使用することで、薬の効果が薄れてしまう現象を薬物耐性といいますが、バイアグラには薬物耐性はありません。継続的にバイアグラを服用しても、効かなくなることはあ...

≫続きを読む

バイアグラと射精後不能期の短縮について

男性というのは、一度射精してしまうと、しばらくの間は性的な刺激を受け付けなくなるものです。これは、射精後不能期といい、男性であれば当然に生じるものです。この不能期の間は、性的な刺激に対して、むしろ不快感を生じるもので、すぐに2回目の性行為に臨むことはできません。これは、愛情の有無などとは関係がなく、...

≫続きを読む

バイアグラの服用量

日本国内で販売されているバイアグラは、25mgと50mgの2種類です。これは、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの含有量をあらわしています。個人輸入代行サイトでよくみるバイアグラ100mgは海外のみ販売されています。有効成分の含有量が多いほうが効きやすいという面も確かにあるのですが、有効成分が...

≫続きを読む

バイアグラの早漏防止効果

バイアグラが早漏防止に効果があるという話を耳にすることがあります。しかし、バイアグラは、勃起を促す物質(cGMP)を分解する酵素(PDE5)の働きを阻害する薬であって、バイアグラの薬効には早漏防止は挙げられていません。薬効に挙がっていない以上、効果はないとも思えるのですが、実際にバイアグラを飲むこと...

≫続きを読む

バイアグラと依存症 | 一度使うとやめられなくなる?

バイアグラをはじめて使用するに当たって気になることの一つは、『バイアグラに依存することがないか』ということです。結論から申し上げますと、バイアグラには、麻薬に依存するといった場合のような肉体的な依存症をもたらすような成分は含まれていません。依存症に関する心配はいっさい不要です。むしろ、特に精神的な要...

≫続きを読む

バイアグラのジェネリック薬品とは

ジェネリック医薬品というのは、オリジナルの薬(先発医薬品)の特許による保護期間が切れた後に、他の製薬会社が製造する、オリジナルの薬と同じ成分を同量含んだ薬のことをいいます。後発医薬品ともいいます。先発医薬品の開発にあたっては、数百億円単位の費用や、数十年単位の時間がかかることもあります。これだけ膨大...

≫続きを読む

バイアグラと抗うつ剤によるED

うつ病とEDの両者には相関関係があることが分かっています。うつ病にかかっている患者さんの多くがEDにも悩まされています。その原因の一つが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)といった抗うつ剤には、EDを誘発する効果があることです。ED...

≫続きを読む

心因性EDにも効果的なバイアグラ

EDには、体に何らかの原因があって、いわば物理的にEDになっている器質性EDというものもありますが、体には問題がなく、精神的な要因でEDになる心因性EDというものもあります。心因性EDとは、たとえば、ストレスが原因となっているケースや、性交に失敗した経験が心の傷になって、極度の不安感にとらわれてED...

≫続きを読む

バイアグラによるテストステロン増加作用

男性更年期の原因と言われるのがテストステロンの減少です。テストステロンは男性ホルモンの一種で主に睾丸から分泌されます。一般には30歳くらいから徐々に減り始めますが、女性の更年期のように急激な変化は起こりません。男性の場合、更年期に関しては個人差が大きいようです。70歳になっても、30代のテストステロ...

≫続きを読む

バイアグラと不妊治療

バイアグラは、不妊治療に役立つこともあります。普通に男性がEDでセックスができない場合ももちろんですが、子どもを作ろうとしたとたんにセックスができなくなるといった場合もあるのです。デリケートな男性心理男性の心理というのは微妙なもので、それまでは問題なくセックスができていた人でも、子どもを作るためにセ...

≫続きを読む

バイアグラと精力剤の併用

バイアグラをはじめとするED治療薬は、効果の確実性と即効性がありますが、ED治療の観点からは欠点もあります。ED治療薬は、その効果がある間はペニスを勃起させてくれますが、効果が切れるとまたEDに逆戻りしてしまいます。精神的なものを原因とするEDの場合には、ED治療薬を飲んでセックスをしているうちに、...

≫続きを読む

バイアグラの定期的服用による動脈硬化への効果

勃起不全改善に絶大な効果をもたらすバイアグラですが、定期的に服用することで、EDの改善以外にも望ましい効果が得られる可能性が色々と指摘されていますが、そんな研究の一つをご紹介します。それは、糖尿病患者に対して行われた実験です。バイアグラは糖尿病患者の動脈硬化を予防する効果があるのではないか、というも...

≫続きを読む

バイアグラには運動能力向上の効果もある

バイアグラには、EDの改善以外の効果もありそうだということが、様々な研究で明らかになりつつありますが、その一つに運動能力の向上があります。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、血管拡張の効果があり、ED治療の場面では勃起を補助することに繋がるのですが、血管の拡張は全身で起こっており、これが血...

≫続きを読む

バイアグラと不整脈

バイアグラは性生活を豊かにする薬ですが、同時に副作用や併用禁忌薬の多い薬です。過去に間違った使用におり死亡した例もありますので、慎重な使用を心掛けるようにしましょう。◯ 特に気を付けたいのが不整脈を患わっている方。バイアグラの副作用には不整脈が含まれ、服用すると病状が悪化する可能性があります。また、...

≫続きを読む

バイアグラの効果が薄れる?

バイアグラを続けて服用していると効果が薄くなるケースはあるのでしょうか。よく結核やインフルエンザなどのウィルスや菌は耐性菌へと変化して効き目が無くなったりするのをニュースなどで知った人もいると思いますが、ED治療薬にこのケースは当てはまりません。バイアグラだけでなくレビトラやシアリスでも飲み続けたか...

≫続きを読む

高齢者のバイアグラ使用

バイアグラは40代以降の中年から70や80歳までもの高齢の方に需要のある医薬品です。年齡が高くなれば高くなるほど、EDになる確率が高いことからも、このことは当然のことです。しかし、中には、「自分はもう高齢だから、バイアグラは使用できないのではないか?」と、自分の年齢から、バイアグラの服用を最初から諦...

≫続きを読む

バイアグラと高血圧の方の服用について

バイアグラは、低血圧の患者や、治療による管理がなされていない高血圧の患者には処方できないとされています。この場合の低血圧とは、最大血圧90mmHg未満または最小血圧50mmHg未満の場合をいい、高血圧とは、安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧100mmHg以上の場合をいいます。これは、逆...

≫続きを読む

バイアグラを購入するために必要なもの

バイアグラは、国内では処方箋医薬品に分類される薬です。処方箋医薬品というのは、医師の処方箋がなければ販売することができないとされている薬です。つまり、バイアグラを購入するためには、処方箋が必要です。バイアグラを買うためには、まず病院に行って、医師に処方箋を書いてもらい、調剤薬局に行って処方してもらう...

≫続きを読む

バイアグラを開発した製薬会社ファイザー社

バイアグラを製造販売している製薬会社であるファイザー社について、簡単にご説明します。ファイザー社というと、バイアグラの製造販売を行っている会社として有名ですが、世界の150カ国以上で事業を展開しており、7万人もの社員を有するグローバル企業です。ファイザー社の主力商品は、医療用医薬品であるため、バイア...

≫続きを読む