バイアグラ 個人輸入 危険

MENU

個人輸入する場合のデメリット

個人輸入でバイアグラを入手することには、様々なメリットがあります。病院に行くことなく、誰にも知られずにバイアグラを入手できますし、診察料がかからない分、安くバイアグラが買えます。
国内では販売されていないバイアグラのジェネリックを買えば、病院でバイアグラを処方してもらう場合の数分の1の費用で済んでしまうのは魅力的です。

 

 

しかし、個人輸入には、リスクもあります。
医師の診察を受けずにバイアグラを買うということは、併用禁忌薬(同時に服用できない薬)のチェックを自分でやらなければいけないということになります。また、高血圧であったり、持病があったりする場合には、本来は、医師の診察を受けた上で、安全にバイアグラを服用できるかを判断してもらうことが必要で、それをしないままバイアグラを服用するということは、それ相応のリスクを負うことになります。

 

 

バイアグラには、服用する上での注意事項もあるので、それらの説明を受けずに服用することになるも、本来はあまりいいことではありません。これらのデメリットを避けるためには、少なくとも最初にバイアグラを服用する際には医師の診察を受けた方がいいですし、それが難しい場合は、インターネットなどを使って、情報を入手して、服用方法などを学んでおくべきです。

 

 

また、バイアグラを個人輸入する場合特有のデメリットとして、偽物の問題もあります。ネット上で流通するバイアグラには、偽物も含まれていることが調査で明らかになっています。
バイアグラを個人輸入する場合には、これらの危険性があることを知った上で、慎重に行うことが必要です。

 

バイアグラ,個人輸入,危険