バイアグラ 個人輸入 梱包

MENU

個人輸入では中身が分からない梱包がされています

バイアグラを個人輸入する人が、個人輸入を選ぶ理由の一つには、
バイアグラを使っていることを他の人に知られたくないというものがあります。
この場合、もし、個人輸入をした場合に、箱や伝票から簡単に内容物が分かってしまうと、
せっかく個人輸入にした意味がなくなってしまいますね。

 

 

この点、個人輸入をする場合には、多くの業者が梱包にも気を使ってくれているので、
一見して何を購入したかは分からなくなっていますので、安心です。
例えば、梱包に使われている箱は、無地のダンボールなどの、商品名が
書かれていないものが使用されています。
箱には、宛名や宛先は当然記入されていますが、内容物の名称は書かれていません。
つまり、バイアグラを個人輸入した場合でも、箱に『バイアグラ』もしくは『VIAGRA』
日本語でも英語でも記載されていることはないのです。

 

実際の個人輸入梱包形態

バイアグラ,個人輸入,梱包

バイアグラ,個人輸入,梱包


 

その代わりに、税関を通過するための必要上、一応、内容物の説明が書かれていますが、
『health products』や、『Supplement』『Health products for Personal use』などの
記載があるだけで、具体的な商品名は記載されていません。
これらの配慮がなされているため、梱包からバイアグラを購入したことが
バレてしまうようなことはないので安心です。

 

 

梱包の方法は、業者によっても多少違っていますが、ホームページを見ると、
どのような発送方法を取っているか、梱包形態等も画像入りでかなり詳細に記載されています。
梱包にも気を使い、その情報をしっかりとホームページに公開しているということは、
顧客の立場をしっかりと考えている業者であるといえます。
梱包の方法も、業者を選ぶ場合の選択基準の一つにしてもいいかもしれません。

 

 

上記では、バイアグラを購入する場合を念頭にご説明しましたが、
個人輸入で入手できる海外の薬には、AGA(男性型脱毛症)の治療薬や、
ダイエットに効くサプリメント、女性向けの商品としては、美白クリーム、
低用量ピルなどもあります。
これらの薬を購入する場合も、事情は同じです。
利用していることを知られたくないような薬を個人輸入する場合も、
他人にバレることはありませんから、安心して利用していただけることでしょう。