バイアグラ 個人輸入 偽物

MENU

偽物に注意!

バイアグラ,個人輸入,偽物,通販

バイアグラが発売されて15年以上経ちますが、現在でも人気のあるED治療薬です。残念なことに、人気があるということは、偽物を売りさばいて儲けようとする人のターゲットになるということを意味します。

 

 

もちろん、国内の病院でバイアグラの処方を受ける場合、偽物が処方される可能性は皆無に近いです。病院でバイアグラを処方された人は、安心して服用していただいて問題ありません。

 

 

問題になるのは、バイアグラや、バイアグラジェネリックを個人輸入の方法で入手した場合です。
インターネット上には、バイアグラの販売(法律的には、個人輸入の手続を代行しているという形を取っています)を行っている業者が数多く存在しています。これらのネット上で流通しているバイアグラをはじめとするED治療薬には偽物が多く含まれていることが判明しているのです。日本国内でED治療薬を販売している4社(ファイザー、バイエル、日本イーライリリー、日本新薬)が2011年に行った調査によれば、偽造品の割合が、55.4%にも達しています。半数以上が偽物ということになりますから、かなり高い数値であるといえます。

 

 

偽物の中には、かなり巧妙に作られたものもあるので、現物を見て、本物と偽物を区別するのは困難です。偽物を見極める方法として、バイアグラを30錠入りのボトルで買った場合、ファイザー社の正規品にはRFIDタグというICタグの一種が装着されています。ラベルをめくると、ICチップと配線が見えるので、これがない場合は、偽物と判断できます。もっとも、この方法では、買った後にしか偽物を判断できませんし、4錠入りの箱で買った場合にはこの方法は使えません。

 

 

やはり、そもそも偽物を買わないようにすることが重要だといえます。
そのためには、信用のできる業者を見極めて取引することが重要です。信用のできる業者を見極める方法としては、バイアグラのようなED治療薬だけでなく総合的に医薬品を扱っているか、カード決済が可能か、ユーザーサポートは充実しているかなどがあります。

 

バイアグラ個人輸入代行 正規品通販取扱業者一覧