バイアグラ 個人輸入

MENU

個人輸入の仕組み

バイアグラ,個人輸入,仕組み

「個人輸入」とは、個人が直接外国の販売店に商品を注文して購入する形態のことです。日本国内ではまだ輸入されて一般発売されていない食品、化粧品などあらゆる商品が該当します。バイアグラをはじめとするED医薬品も本来、日本で認可されたものを服用するのが安全なのですが、病院に行く手間を省略したいという方や、もっと安く入手したいという方が個人輸入を利用する傾向にあります。

 

 

と言っても、個人輸入に慣れていない方がいきなり独力でというのは大変です。インターネットが普及し、従来に比べると、容易になったとは言っても、言葉の問題もあり、ダイレクトに海外の販売元を見つけるのは困難です。語学が堪能な一部の人を除いては、まだまだハードルが高いのは事実です。

 

 

ですから、ほとんどの人は、日本の個人輸入代行サイトを通して、バイアグラをはじめとするED医薬品を入手することになります。注文から配送の手配まで、すべてサイト上で日本語のみで行われるので、余計なストレスもなく希望の商品を手に入れることができます。

 

 

バイアグラなどのED医薬品の個人輸入に関しては、個人が自分で使用するために輸入する場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありません。ただし、輸入できる数量が制限されていますので、この辺りを遵守する個人輸入代行業者であることが求められます。なお、一般的に、個人輸入を通して海外の製品を輸入する場合、関税がかかるのですが、バイアグラなどの医薬品はすでに日本で承認された医薬品であるとして関税はかかりません。
個人輸入の注意点に関してはこちらをご確認ください。
バイアグラ個人輸入代行業者を利用する際の注意点