インド バイアグラ 個人輸入

MENU

インド製のジェネリックを個人輸入する人が増えている理

バイアグラ,個人輸入

インドは、医薬品の成分特許を認めないという独自の特許法制を取っていたため、諸外国ではジェネリック医薬品を製造することができない時期(特許保護期間が残っている時期)から、ジェネリック医薬品の製造が可能でした。このことから、日本国内では、製造されておらず、当然販売もされていないバイアグラのジェネリックがインドでは製造販売されています。

 

 

これは、特許法の問題なので、インドのジェネリック医薬品の品質が劣るということにはなりませんし、インドの国内で合法的に製造されたものなので、それを個人輸入で入手しても、その行為が日本で罪に問われることもありません。

 

メリットと人気の理由

ジェネリックというのは、オリジナルの薬(先発医薬品)と同じ有効成分を同量含んだ薬であり、その効果も、オリジナルの薬の同等なものです。同じ効果が得られるのに、価格は大幅に抑えられているので、特にコスト面からはジェネリックの使用のメリットは大きいといえます。具体的に言うとバイアグラの正規品が1錠1500円程度もするのに対し、ジェネリックは安いものだと1/10程度の価格で購入できるものまであるのです。毎日使用したいヘビーユーザーでも価格を気にせず購入することができるのです。「同じ効果の薬が、安く買える」これがインド製のバイアグラジェネリックを個人輸入で買う人が増えている理由なのです。

 

正規品との微妙な違い

バイアグラジェネリックは、有効成分はオリジナルの薬と同じものですが、有効成分の製造方法や、有効成分以外の副原料は違います。そこで、オリジナルの薬と全く同じ効果かというと、そうではない場合もあります。これは、必ずしもオリジナルの薬に劣るという意味ではありません。ジェネリックの中には、例えば、水がなくても服用できるOD錠と呼ばれるものや、ゼリー状で飲みやすく、効き目がでるまでの時間も短いものなどもあります。このように、バイアグラジェネリックには、オリジナルの薬にはない特徴を持たせたものもあるので、興味がある人は試してみるものいいと思います。

 

 

ただし、ネットで流通している薬には偽物も含まれているといわれますから、手当たり次第に色々なジェネリックを試すというのは、お勧めできません。信用のできる業者を選び、よく売れている商品を選ぶようにすると、偽物を買ってしまう危険性を小さくできます。

 

 

★代表的なインド製バイアグラジェネリック