バイアグラ 購入方法

MENU

レビトラの購入方法は二つあります(レビトラの購入方法)

バイアグラのようなED治療薬は、日本では処方箋医薬品といって病院で医師の診察を受けた上でなければ販売してもらえません。ただし、バイアグラは、海外で販売されているバイアグラを個人輸入することも可能で、この場合には処方箋は不要です。
バイアグラを入手する方法には、

  • 病院処方
  • 個人輸入

この2つの方法があります。

 

それぞれの方法には、それぞれに特徴があるので、自分に向いている方法で購入することがポイントです。

 

病院処方のメリット

バイアグラ,個人輸入,購入方法

まず、病院で診察を受けて、処方してもらう場合のメリットは、安全性です。個人輸入でバイアグラを購入する場合、偽物が売られている場合があります。国内の医療機関で処方してもらう場合、偽物が販売されている心配がありません。また、バイアグラは、ED治療薬の中でも同時に服用することができない薬(併用禁忌薬)が多い薬です。併用禁忌薬を服用していないかどうかは、医師や薬剤師にチェックしてもらうと安心です。体質や既往症との関係で、バイアグラを服用すると危険な人もいらっしゃいますが、こういった体質なども医師の診察を受ければ、その際にチェックしてもらえます。安心してバイアグラを使いたい人は、病院で処方してもらうことをお勧めします。

 

個人輸入のメリット

バイアグラ,個人輸入,購入方法

もう一つの購入方法である個人輸入のメリットは、手軽さと安さです。個人輸入では処方箋が不要ですから、病院に行く手間や時間が省けます。一度や二度なら病院に行くのも面倒ではないかもしれませんが、バイアグラが必要になるたびに病院に行くのは、結構面倒です。また、個人輸入は安さも魅力です。病院で診察を受ける場合には、薬代だけでなく、初診料や再診料がかかります。個人輸入の場合は、まとめ買いなどで割引をしているサイトも多いですし、国内では販売されていない安価なジェネリックも買えます。継続して使用する場合には、コスト面での負担が小さいというのは大きなメリットです。
また、EDというものは非常に男性にとってとてもデリケートな病気であり悩みでもあります。出来れば『自分がEDである』ということを誰にも知られたくないものです。たとえ医師であろうとなるべくカミングアウトしたくないものです。その点個人輸入でしたら誰にも知られることなくバイアグラを購入することが出来ます。

 

 

このように、病院での処方と、個人輸入にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。最初にバイアグラを服用するときは、安全性を重視して病院で処方してもらい、バイアグラに慣れてきたら、個人輸入で安く手に入れるという使い分けをするのもお勧めです。