バイアグラ 個人輸入

MENU

初めて利用される方へ

バイアグラを個人輸入する上での注意点はたくさんあります。これから初めて利用する方はこれらのことをチェックしてから個人輸入利用をご検討ください。

 

 

使用してもよい健康状態ですか?

まず、バイアグラの個人輸入を初めて利用するという方は、病院で医師の診断を受けてください。それでは個人輸入の安さ、手軽さといったメリットがなくなるなどと思わずに。自分が本当にバイアグラを服用しても問題ない体質なのか知っておくことは、個人輸入を利用する上での大前提となります。バイアグラは副作用・禁忌事項があり服用できない人もいます。また、併用禁忌薬もありますので、バイアグラを使用する前に医師の確認をとることは最低限必要なことです。ひょっとしたら病院に対する拒否反応も案外なく、価格的にも十分リーズナブルと思えるかもしれません。

 

その個人輸入代行サイトは大丈夫?

体質的に問題がなく個人輸入という方法を選ぶ段階になったら、誠実な個人輸入代行業者を探さなければいけません。サイトを見ながら、製品の写真や価格を掲載しカタログのような見せ方をしているもの、健康被害や服用量など十分な注意書きがないもの、外国人が書いたようなおかしな日本語で記載されているサイト、住所や問い合わせ先が明記されていないもの、これらはすべて省いていきましょう。明らかに違法なものもあれば、グレーゾーンで迷うものもあると思いますが、まずは少しでも怪しいと感じたら全部除外してしまうのです。一度信頼できる個人輸入サイトが見つかれば今後末永く使用できるわけですから最初の業者選びが肝心です。

 

 

ここは問題ないと判断したら、注文に移るわけですが、その際、一度に購入できるのは1ヵ月以内に服用する量に限られることを思い出してください。そして、正規品を手に入れることができたとしても、それを他人に譲渡してはいけません。これは、法律で禁止されている事項です。絶対に守ってください。

 

バイアグラ,個人輸入,はじめて