バイアグラ 個人輸入

MENU

EDの問診票(IIEL)とセルフチェック

バイアグラ,個人輸入,通販

ED治療のために医療機関に行くと、問診票を渡されて記入します。殆どの医療機関では国際的に利用されているIIEL(International Index of Erectile Function)というものを使います。IIELは日本語では、国際勃起機能スコアと訳されます。初めてED治療をされる方は予め、質問内容をセルフチェックしておくと良いでしょう。

 

IIELは、国際的にEDのスクリーニング(発症している人や発症が疑われる人をふるいわけること)や、治療の効果判定に使われているもので、EDのセルフチェックにも使用することができます。
以下に、IIELの質問項目を挙げておきますので、自分がEDに該当するかどうか、チェックしてみてください。質問項目は5つあります。最初の質問だけは5段階で評価して1点から5点、その他の項目は、6段階で評価して、0点から5点です。

 

国際勃起機能スコア

  • Q1 勃起してそれを維持する自信がどの程度あったか(非常に低いから、非常に高いまでの5段階)。
  • Q2 性的刺激によって勃起したとき、どのくらいの頻度で挿入可能な硬さになったか(ほとんどなかったから、毎回またはほぼ毎回なったまでの6段階)
  • Q3 性交の際、挿入後にどのくらいの頻度で勃起を維持できたか(性交をできなかったから、毎回またはほぼ毎回維持できたまでの6段階)
  • Q4 セックスのとき、性交を終了するまで勃起を維持するのは、どのくらい困難だったか(性交をできなかったから、困難ではなかったまでの6段階)
  • Q5 セックスの際、どのくらいの頻度で性交に満足できたか(性交をできなかったから、毎回またはほぼ毎回満足できたまでの6段階)

 

5つの質問の点数を足して、22点以上であれば正常(満点は25点)、17点から21点までは軽度のED、12点から16点までは軽度から中等度のED、8点から11点までは中等度のED、7点以下は重度のEDとなります。セルフチェックでEDの判定が出た場合には、病院に行って、医師の診察を受けることをお勧めします。医師の診断を受けるまでは、自分で決め付けないようにしてください。

 

病院で診察を受ける場合にも、問診票に記入することになりますが、病院で使用している問診票には、さらに、既往症を記入する欄や、現在服用している薬を記入する欄などがあります。これらの質問項目は、EDか否かの診断のためというより、バイアグラを処方しても問題がないか、バイアグラの処方が可能かを確認するものです。問診以外には、多くの場合に血圧の測定が行われますが、これもバイアグラの処方が可能かを確認するためのものです。病院によっても異なりますが、血圧の測定以外の血液検査や尿検査のような追加の検査は、必要性がなければ行われない方が普通です。バイアグラが処方できる場合は、まずは薬を服用してみて経過を観察するというのが、現在のED治療の主流となっています。


関連ページ

EDとは
EDとは日本語で勃起不全のことを言います。現在医学の治療法ではバイアグラ等のED治療薬が使われています。世界の人口の1割がEDだと想定されています。そして40代以降の1/2の人口はED、もしくはED予備軍だと言われています。
EDの種類と原因
EDの種類と原因について解説しています。
朝立ちの有無はEDのバロメーター
バイアグラ正規品(ファイザー製薬製・各種製薬会社ジェネリック品)のみを取り扱っている個人輸入代行業者を紹介しています。インターネット通販で購入されるバイアグラの約半分は偽物だと言われています。バイアグラの個人輸入は安心して任せられる代行業者選びが最重要です。
EDの増加とその原因
EDは年々増加傾向にあるそうです。その原因のひとつは生活習慣の変化と病気の増加にあるようです。ライフスタイルを改めながらバイアグラ等でED治療をしていくのがお勧めです。
男性更年期障害とED
男性も50代あたりから更年期障害に陥る人もいます。そして更年期障害ははEDも併発します。男性によってはEDからうつ病になり、そしてその影響から離婚につながってしまったケースもあるようです。バイアグラで早めの対策を打つことをオススメします。
勃起のメカニズムとEDの原因
バイアグラ正規品(ファイザー製薬製・各種製薬会社ジェネリック品)のみを取り扱っている個人輸入代行業者を紹介しています。インターネット通販で購入されるバイアグラの約半分は偽物だと言われています。バイアグラの個人輸入は安心して任せられる代行業者選びが最重要です。
EDと病気の関係
EDは生活習慣病の前兆とも言えるサインです。放置すればするほどEDだけではなく病気の症状の悪化にもつながります。バイアグラ等の治療薬での早めの治療がお勧めです。
EDの診察に対する誤解
ED治療での病院での診察について勘違いしているため、なかなか治療に踏み出せないッ人がいるのではないでしょうか?ここでは、その誤解を解くための説明とバイアグラの個人輸入について書いています。
高年齢者でもED克服は可能
高齢者でもED治療は可能です。むしろED治療は高齢者のためにあるものなのですから、恥ずかしがらずに専門医を受診してください。バイアグラは高齢の方にも効果の実績があります。
プロペシアの副作用としてのED
AGA治療薬のプロペシアの副作用にED、性欲減退がありますが、バイアグラで対策可能ということです。
ED治療薬とは
ED治療薬の種類とその説明をしています。バイアグラ・レビトラ・シアリス、それぞれの特徴を活かした使い方が望ましいですね。
EDを病院で治療する
バイアグラ正規品(ファイザー製薬製・各種製薬会社ジェネリック品)のみを取り扱っている個人輸入代行業者を紹介しています。インターネット通販で購入されるバイアグラの約半分は偽物だと言われています。バイアグラの個人輸入は安心して任せられる代行業者選びが最重要です。